« 2006年4月 | トップページ | 2006年11月 »

「やはぶさ2」実現への手紙

昨日、下記エントリにて書いた財務省への意見の例文を書いてみようと思います。
いや、例文ではなく、自分が送った本文ですね。
参考にどうぞ。

投稿フォームは「財務省「ご意見箱」」です。

「※ ご意見・ご要望の分野(該当する項目を選択してください。)」とありますので、「予算・決算」を選びました。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)小惑星探査機「はやぶさ2」予算について

主計局文部科学省担当御中

 こんにちは。私は国内メーカーで働いているエンジニアです。

 要望といたしまして、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が進めようとしている小惑星探査機「はやぶさ2」及び、新たな小惑星探査計画への予算措置を望みます。

 「はやぶさ2」は第20号科学衛星(MUSES-C)「はやぶさ」に継続するミッションと聞いております。

 この「はやぶさ」は国民全体の科学への興味をかきたて、さらに日本の科学技術を世界にアピールする素晴らしいミッションです。アメリカ科学振興協会(AAAS)の発行している学術雑誌「サイエンス」でも特集が組まれ、科学的にも最先端の業績を上げています。

 そして「はやぶさ2」では今回手にした橋頭堡をさらに強固なものとし、小惑星探査国日本の地位を確立するものになるでしょう。

 文部科学省の宇宙開発委員会でも、「はやぶさ」に継続するミッションについての言及があります。「はやぶさ2」が目指す「Cクラスの小惑星」は「はやぶさ」のミッションをさらに引き立てる、大変価値のあるものとなるでしょう。

参考URL「宇宙開発委員会(第8回)議事録・配付資料」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/haifu/h18/honiin/06081013.htm

 「はやぶさ2」の2010年打ち上げを、どうか実現させてください。

 以上、よろしくお願いします。

とまぁ、こんな感じです。

ポイントは何点かあると思います。

1.タイトル
何についての意見・要望なのかを一言で書いた方がいいと思います。
相手は仕分けの窓口ですので、どこ宛なのかわかりやすくしました。

2.文中の宛先
「主計局文部科学省担当」としましたが、その担当が存在するかまでは調べきれませんでした。松浦さんをお手本にしました。

3.名乗りをあげる
どんな立場の人が言っているのか、はっきりさせた方が主張が立つと思います。

4.要望を端的に書く
文の最初に何を目的としているのか、いきなり書いた方が読む側としては、わかりやすいです。今回は「予算措置を望みます」としました。

5.理由を述べる
要望の裏打ちや自分の意見をここで述べましょう。
ちょっとがんばりすぎの文章・・・か?

6.参考文献をあげる
「はやぶさ2」についてのオフィシャルな記述を探したのですがみあたりませんでした。今回は上記のURLを参考文献にしました。
「Zolensky氏の発言参照のこと」と付け忘れたのが悔やみます。
忙しい財務省の方に全文読んでくれというのは酷ですね…。参考にされる方、よろしくお願いします。

こんな感じです。
参考になったでしょうか?
松浦晋也さんの投稿も参考になります。ぜひ一読を。

みなさん、各自奮起願います・・・。どうか、世の中が動きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「やはぶさ2」とその応援方法について

宇宙研一般公開 - 後継機に関する新情報も (1)(MYCOMジャーナル)

JAXA川口プロマネが講演、後継機"はやぶさ-2"にも意欲を (2)(MYCOMジャーナル)

とまぁ、「はやぶさ2」、「はやぶさマーク2」の話はあるのですが、予算がなかなかつかないそうです。

2010年までに「はやぶさ2」を打ち上げたいのにもかかわらず・・・。

ロケット祭りで聞いた話によると以下のような感じだそうです。

「はやぶさ2」
ほとんど現在の「はやぶさ」のままで、改版程度の変更にしたいとのこと。
ミネルバは必ず積むそうです。できれば2台。

「はやぶさマーク2」
「はやぶさ」の後継機。はやぶさ2の名前は前記の改版機にとられてしまったので「マーク2」としたそうです。


国際的にも「はやぶさ」の評判は高く、「次はどこに飛ばすんだ?」とか「ウチの観測機器を乗せてくれ」等引き合いが来ているそうです。

小惑星探査国としての日本を確立するためにも、ぜひともこの路線を進めて欲しいものです。
運用を委託している我々の税金をしっかりと使うためにも投入先は選んで欲しいですよね。


そこで!個人でもできる応援方法をお伝えします。
これを読んだ方々、ぜひとも一緒に応援していきましょう。
#とにかくひたすらメールが来ないらしいので、目立つらしく、一番有効な手段と聞きました。

まずはJAXA内ISAS
宇宙科学研究本部
「当サイトに関するご意見・ご感想・ご質問などは、下記メールアドレス、または住所までお寄せください。」とありますが、ここでいいのかな・・・?
メールアドレスは「webmaster@www.isas.jaxa.jp」です。

次にJAXA
お問い合わせ
問い合わせフォームがあります。ここは「宇宙に関するご質問やJAXAへのお問い合わせ・ご意見(採用に関するお問い合わせは「採用情報」のページへ)等をお寄せになる場合」とありますので「意見」に入るのでこちらでいいでしょう。
メールがよければ「proffice@jaxa.jp」こちらへ。


最後に本丸、財務省
財務行政へのご意見・ご要望の受付
フォームがあり、「財務省に対するご意見・ご要望をお寄せください。」とあるのでいいでしょう。チェックボックスは「予算・決算」ですね。

後で、それぞれ例文を作ってみようかと思います。


以下、余談。

というか、そもそも衛星を打ち上げるロケットが無いよママン・・・。

M-Vを廃止しちゃったらH-IIAで打ち上げるのか!?500kg台の衛星を?(w
・・・2機積めるけどねー。
2機分の予算つくかな・・・。実際、2機作っても経費は2倍じゃなくて1.5倍(検査等多そうだから。検査なしで部品価格だったら1.3倍ぐらい?)ぐらいで済むと思うんだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年11月 »