« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

「皇国の守護者」 佐藤 大輔と伊藤 悠

 新城は冷然たる表情でそれを受け止めた。自分が嫌っていた者。好意を持っていた者。再評価しようとしていた者。すべてが死んでしまった。何とも現実的なことだなと思った。
「そいつは素敵だ。面白くなってきた」
 新城は静かな声で応じた。様々なもので薄汚れた顔面に邪悪な笑いをはりつかせている。
 それを正面から受け取った猪口の顔から一瞬表情が消え、やがて復活した。窃盗の常習犯が国事犯をあおぎ見るような顔つきであった。
 明らかな敬意を示しつつ猪口は相槌を打った。
「ええ、まったく楽しくなってきました、中尉殿」
皇国の守護者 第1巻P.115より
「若殿様、あれは戦場音楽です。銃を用いない戦闘の。自分の父が戦っていたような、男がその真価をかけるべき戦いの」
 バルクホルンは唖然とした表情になり、やがて喉の奥で何かを罵った。そして言った。
「一声も発さずに部下を戦わせることができるのか、この島国の猛獣使いは。よほどの強者だぞ。指揮官も、兵も」
皇国の守護者 第2巻P.44より
 背後から叫びが聞こえた。漆原だった。猪口ではなく、漆原だった。彼は命じていた。
「総員、大隊長殿を救え!突撃!」
 莫迦野郎。どうしようもない大莫迦野郎。新城は思った。この僕を救えだと?
 畜生。あいつ、命令を守っている。自分に続けば、半数は死んでしまいかねないことを知りつつ、そう命じている。ええい。命令というのはもう少し厳格でなければいけないな。まったく気に入らない。気に入らないぞ。戦争とはもっと残虐で、救いのないものであるはずなのだ。
 こんな戦争は、大嫌いだ。
皇国の守護者 第2巻P.54より

今年のGWは読書週間にしようと思っています。
そんな自分にぴったりの良書を見つけました。「皇国の守護者」です。

とっかかりはヤングジャンプコミックスだったのですが、この原作も気になってチェックしてみました。素晴らしい本でした。

かなりの佐藤大輔節が入っていますが、心地良いです。

これを読み終えたら、次は「A君の戦争」かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フタコイ オルタナティブが大変なことになっている件について

当初、全然自分のアンテナにはこのアニメの情報は入ってきていませんでした。

だって「双恋」ですよ?漫画もアニメも自分の心の琴線には触れませんでした。「萌え」が目的のモノって、どうも面白くないんですよ。
#「楽しい」という意味での「面白い」です。

ですが、ネットの各方面で「大変なことになっている!」との反応が多くて、どうなっているのだろう?と興味を持ちました。
で、ネットの友人を通じてビデオを見せてもらったのですが…。

大変なことになっていました。

OPで、赤いランドセルの女の子がアサルトライフル撃ちながらパラシュート降下してたり、ミサイルランチャーからミサイル連射で板野サーカスってどういうことですか!

顎、かくーんのOPが終わって、本編始まったのですが、本編も大変なことになっていました!暴れまくりのノリ良すぎ。テンポも良くて、あっというまに終わってました。

あー、もー、久しぶりにアニメを見たなぁという気分でした。

万人にお勧めはできないけれど、アニメ好きなら是非!

・キャプチャー画像でよくわかる解説サイト
放蕩オペラハウス過去ログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エマ5巻と、小説版1巻と、アニメ版第1話

まとまりついてないので数日後に!

一言
・エマ5巻
人が変わったエマに萌えろ。

・小説版
ウィリアムやハキムの言葉遣いに萎える。特にハキム。
ハキムのあの横柄な言葉遣い(「がらが悪いなー」と感じてました)は王族なんだから、それぐらいの方が良いと言われました。なるほど!言われてみればそうかも。目からウロコ。
ウィリアムのおしゃべり癖は、まぁ坊ちゃんだから少しぬけているという表現なのかな…。

・アニメ版
演出がイマイチ。神は細部に宿るが、細部だけではいけないのだよ。カット割りやカメラワークがつたなく感じられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »