« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

アフタヌーン 2005年4月号

久しぶりにアフタヌーンの話でも。今月号は久しぶりに面白かった。

相変わらず「目がイってる女神話」が巻頭カラーで、何個目だか忘れるぐらい数が出ている女神フィギュアがオマケ。
まぁ、このへんは激しくどうでもいい。

「おおふり」は最近「バッテリー」にハマっている自分にとって、ちょっとテンポが悪く感じる。後でコミックスで読むと面白いとは思うけど。
#ちなみに「バッテリー」も角川のASUKAという少女コミックで漫画化され連載されている。

げんしけん…飲み会の場で熱く語れそうな、高密度の1話。荻上タンがいい味出してる。

ローレライは、地獄に堕ちろと燃やして捨てる気合いで。つーか、原作からして気に入らない。ファンタジー作品で軍事物を取りあげるなと、軍オタの俺の心が暴れています。

「ミシ」!いやー、もう電撃復活、連載開始で驚きですよ。
でも、なんとなく桜玉吉氏の壊れップリに近づいたのではないかとちょっとドキドキ。異形キャラというのは作者の心情を表しているととらえやすいので、怖いです。

ラブやんはもう安定してしまって、落ち着いて読めます。相変わらず好きです。

しおんの王ですが…紫音かわいいよ紫音!というぐらい萌える今月号。
「冬服 かわいいわね」キター!可愛いよねー、どちらも。

蟲師も安定期。3割バッターという所か。怖さは感じないが、安心して読める。幸せ。

「江古田ちゃん」こういう突発的なキれた連載が始まる所がアフタヌーンのいい所。先月号の作品もよかった。でも、安牌指向な4コママンガというのが弱気な所か。

無限の住人…もう好きにして。読んでいる自分の方が驚く。

「プ~ねこ」アフタヌーンの中で数少ない、楽しみにしている作品。今月号も相変わらずキれている。コミック買わないと!Amazonではもう買えないみたいだからリンクしないけど。

賞を受賞した短編達は安心して読める実力を持ったいい作品ばかりです。
安心して読めるのはよいことなのか、悪いことなのかわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今後の方向性

最近更新していないほげほげぶろぐです。気にはしているのですが、方向性に迷いを感じてしまって、手が動きません。

そんななか、気になるエントリを発見。

Orbium -そらのたま-さんのエントリ、「ニュースサイトの中のヒトはなにを考えるか。」より…


"中のヒトに興味を持ってもらうことはサイト運営者の一種の目的となっていると考えます。"

「そうそう!」と激しく同感しました。
この前、ほげほげぶろぐをどういう方向で更新していこうかと友人と話し合ったことがありました。
そのときの結論が、上記エントリのような感じになったんですね。
少しずつ、中のヒトの指向を表に出して、共感を持ってもらう方向にしようか…という話をしたのです。

長文のエントリですが、読みごたえあります。
サイト運営者なら色々考えさせられるんじゃないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »