« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

バックドロップ不発

お父さんのバックドロップ』を観てきた。
故・中島らもの傑作小説『お父さんのバックドロップ』の映画化である。

もともとは「四年の学習」の付録の読み物特集の冊子に掲載された作品なのだが、
これが実にいい。

-----------以下ネタバレあり(ドラッグで反転で読めます)-------------
クラス一の秀才のカズオ君のお父さんはプロレスラーの下田牛之助。
元レスリングのオリンピック代表選手で、今はTVのプロレス中継で
おなじみの悪役レスラーである。
しかしカズオ君はそんなお父さんのことが好きではない。

あるとき、カズオ君はお父さんにこう言い放つ「僕はお父さんを尊敬できない」と。
牛之助パパは反論して「お父さんが悪役レスラーを好きでやっていると思うのか? これは誰かがやらなきゃいけないことだ。カズオの学校でもトイレ掃除の係がいるだろう。みんながお花の世話係をやりたがったらトイレを掃除する人がいなくて困るだろう?」と言います。
カズオ君は「そういうことじゃない。お父さんはレスリングの世界から逃げたんだ。勝ち負けのないプロレスの世界に逃げ込んだんだ。僕は勉強して大学に入る。お父さんと違って勝ち負けのある世界で勝負する」。

・・・牛之助パパは落ち込みます。
そして父の復権を賭けてとんでもない手段―来日中だった世界最強の空手家、カーマンに挑戦状を叩きつけるという行為に及んでしまいます。

試合前のマイクアピールで牛之助はTVカメラに向かってこう言います。
「オレはプロレスが好きだ。
 正直俺は怖い。死ぬのは怖いが、それより怖いのは怪我をして大好きなプロレスが出来なくなってしまうことだ」
「みんなはオレのことなどすぐに忘れてしまうだろう。空手とやってボロボロになったバカなレスラーがいたということなど。でも、たった三人の人間が覚えていてくれればそれでいい。
その三人のために戦う。
その三人とは、オレ自身と、オレのカミサンと、オレの息子だ」
-----------ネタバレ終了---------

映画もそこそこ原作に忠実に作ってあり、カズオ君役を神木隆之介(映画『インストール』で上戸彩の乳を揉んだ子)君が好演しており、なかなかイイのですが、それでもやはり冗長な部分が見られます。

最大の改変点はカズオ君のお母さんが死んでる点。
そしてカズオ君がお父さんをキライな理由は「入院中のお母さんが死の床にいるのに巡業先から帰ってこなかったこと」になってるわけです。「尊敬できない」のセリフがなくなってる。
あららら。
これはいけません。

だって牛之助パパは「しょうがなかったんだ」で逃げられますもん。
「やっぱり子供だな、まあそのうちこの子も判ってくれるだろう」
という割り切りが出来てしまう。お父さんは逃げられる。

でも「お父さんを尊敬できない」と真正面から言われたら牛之助パパは逃げられない。
ガツンと応えますよ。息子に尊敬されるためにはどうするか。どうすればいいか。
その結果が世界最強の「クマ殺しのカーマン」への挑戦、となるわけで。

プロレスを「逃げ」というのは中島らもの格闘技への愛がこもったと表現だと思うのですが、この映画の後援協賛にプロレス団体(大日本プロレス)が居るから言いにくかったのかなあ。
画竜点睛を欠く気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わ、わ、わ、わら、わら、わらた

あまりスレ紹介はしないのですが、久しぶりに笑ったスレがあったので紹介します。

【野に咲く】芦屋雁之助の買い物日記【花の様に】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1082142201/

1 :可愛い奥様:04/04/17 04:03 ID:PaTsqnSW
は、は、裸の大将風にき、今日か、買った食品をし、記してほしいんだな。
ぼ、ぼ、ボクから言うとス、ス、ス-パ-でアボカドとかんぱちの刺身、
え、えっとそれから黒豆納豆とアカディ牛乳、コラ-ゲンヨ-グルトを買ったんだな。
ぼぼぼくは事のほか美肌し、志向でアボカドは欠かさないんだな。

2 :可愛い奥様:04/04/17 05:41 ID:8LeASWYc
2、2、2、げとげと

3 :可愛い奥様:04/04/17 11:47 ID:ntRjxwIt
よよよ余裕で3ゲトなんだな

もう、>>2と>>3でこのスレの方向性が決まったといっていいでしょう。
とても楽しい所になってます。

・おまけ
一文字ずつ増えていくスレ in 天文気象板
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/sky/1075642696/
なんかもう大変なことになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カンフーハッスル」は実に微妙

というわけで、1/1公開の「カンフーハッスル」を観てきました。

前作の「少林サッカー」では抱腹絶倒のツボを突いた作品で、かなり期待していました。

ですが、実際に「カンフーハッスル」を観たら、微妙な気持ちに。

まずストーリーに難点がいくつか。
・主人公の動機付け
主人公(監督)の動機がふらふらしてなかなか定まりません。悪なのか善なのか、良心側に属するのか暴力側に属するのか、クライマックス間際まで定まりません。それゆえに観客の視点が脇役に行ったり、ヒロインに感情移入できなかったりします。

・脇役がかっこよすぎ
主人公が情けないから…ではなく、はっきり言って脇役のキャラ立ちすぎです(笑)。良い意味で。主人公がいなくとも十分盛り上がりましたから。みんなかっこよかったです。それだけに最後に美味しい所を持ってゆく主人公に納得できなかったりして。

・ヒロインとの絡みが意味ない
主人公には可憐なヒロインがつきものです。えぇ。ですが、これがまた、主人公が情けないから、どうしても応援できないんですよね。ただ居るだけヒロインになってしまっている。主人公の動機付けにも「あまり」なっていません。
可憐なヒロインなんですけれどね。

次に描写について。
・グロい(?)
「食神」あたりのキツイ表現がいくつかあります。「少林サッカー」から見に来た人には意外に感じて引く所があると思います。
「キル・ビル」っぽい血まみれさかなー。ひょっとしたらオマージュがあるのかもしれない。
#猫まっぷたつは好きだったのですが。

・CG使いすぎ
「少林サッカー」よりもCG臭さは無くなっています。でもそのせいか、ワイヤーアクションの切れが無くなっています。安易に宙を飛ばせすぎです。ちょっと萎えました。

結論としては「映画好き以外はお勧めしない」作品です。

でも、映画好きにはいくつか笑えるシーンがありますよ。お勧めです。
私は「シャイニング」のオマージュで、身もだえするほど喜びました。
#あのシーン、好きなんです。

----追記----
風の碧さんの「獅子の咆哮。」に納得です。
私も3人組や夫妻が大好きです!そのためにもう一回観ても良いかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »