« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

萌えていいものか

双葉社の月二回刊のマンガ雑誌『漫画アクション』にて、北朝鮮拉致ドキュメンタリーの第二弾『めぐみ』の連載が始まった。第一弾の『奪還』は蓮池薫氏の拉致と帰国、日本と故郷への心理的な帰還までを描いた骨太なドキュメンタリー漫画でした。

それの第二弾がこの『めぐみ』である・・・・のですが。
megumi可愛い。可愛いじゃありませんかめぐみちゃん。『魔法使いに大切なこと』の主人公に似てますね。それにしても可愛い。
でもいいのかな。実物とは・・・

・・・ああ、そうですね。この作品の語り手であるめぐみさんのご両親であるところの横田夫妻(本作の原作・監修でもある)視点から見ればすごく真っ当な描写です。

で、こんな可愛らしいめぐみさんなわけですが、ドキュメンタリーでもあるので拉致されてしまうのです。
心が痛みます。いや、別に可愛らしくない子は拉致されても心が痛まない、と言っているわけではないのですが
それでもこんな子がお母さんと叫びながら工作船に拉致される所はたいへん読んでいてつらいわけでして・・・

というわけで、漫画読みの諸兄は是非この作品に注目することをオススメします。
そして横田めぐみさんの一日も早い無事な帰国を願って祈りましょう。

----じゃむ追記----
うぱーのお茶会さんの「めぐみさん拉致を題材にしたコミック」
こちらに詳細な情報があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"バッテリー" あさのあつこ

なあ、豪。おまえは、どうなんだ。
勝利をみんなで喜びあうことも、
敗北をいっしょに悔しがることも、
仲間と心が通じあうことも、
まとまったいいチームになることも、
なんの意味もない。
そう、思わないか。
バッテリーIIIより

正直、紹介するのを躊躇いました。なんの先入観もなく読んでほしい本です。
私がこの本と出会ったのは、月刊アフタヌーン連載の「おおきく振りかぶって」という野球マンガの関連書籍としてでした。しかも買ったのは友人で、それを借りたのです。

全然期待していませんでした。

角川で文庫化されて、後追いでII巻が出たのかなぁと、勘違いしていました。
実際は2004/12現在、5巻まで出ていて、来年1月に最終巻6巻が出ます。

すべて大間違いでした!なんということか。
こんな野球小説があったのか。しかも少年野球でこんなに熱いのかと、驚愕しました。

あぁ!これ以上の情報を得ないで読んでほしい!

というぐらいいい小説です。
というか、ライトノベル?
って、児童書だし!
…そうなんです。なんと児童書。子供向け小説。
でも、私は声を大にして言いたい。「子供にはもったいない!」と。

書店で見かけたら、ちょっと立ち読みしてみてください。
繊細な文章と、個性的が光る素晴らしいキャラクター達を観察して、感じてほしいです。


バッテリー
バッテリー〈2〉 角川文庫  あさの あつこ (著)

-----
(05/04/04追記)
バッテリー6巻について、書きました。こちらもどうぞ。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

PSPファイト!

041212_0201001
上野。深夜二時。
ヨドバシカメラの前には50人ほどの行列ができている。
普段は酔漢が反吐をぶちまけている歩道に人がみっしりと並んで座っている。気温は8度。風は強い。
夜明けは、遠い。

041212_0208001
アキハバラ。深夜二時。アソビットシティの行列はビルを一巻きしてさらに伸びる。
最後尾は秋葉原駅電気街口にまで達した。人並みの数はおよそ200人。気温八度。夜明けは、まだか。

041212_0223001
有楽町。信長の弟の名を冠されたこの土地にもPSPを求める亡者どもの群れが。
その数、およそ100。寒空の下、ムクドリのように丸まりながら販売開始を待つものどもは何を思うのか。
彼らが並ぶビックカメラの開店は六時五十分。

041212_0253001
食うものと食われるもの、そのおこぼれを狙う者。
牙を持たぬものは、生きてゆかれぬ価格破壊の街。
あらゆる悪徳が安売りされる、新宿の街。ここはカメラ屋戦争が産み落とした惑星東京のソドムの市。
西口ヨドバシカメラにはPSPの販売に惹かれて危険な奴らが500人ほど集まっていた。

041212_0254001
ヨドバシカメラを三周する人の列。かつてのドラクエブームを思わせる人々の列。
PSPの発売前夜、彼らは何を思うのか。


・・・・・・・・以上PSP発売前夜の東京各地の様子をキリコ・キュービィ調でお送りしました。


| | コメント (3) | トラックバック (2)

もはや行列ではない・2

という具合に、早朝発売が話題を呼んでいるニンテンドーDSですが、

041202_0041001.jpg

やっぱアキバには行列なんてありませんでした・・・(零時40分・メッセサンオー前)
かろうじてアソビットシティ前には二名ほど。

以前のDQ8の行列の記事にも書いたけど、「行列」というのはお馬鹿なファンのタガの外れた
ゲームに対するたしょう行き過ぎた愛情表現であると思っているので基本的に「店の前で列をなして徹夜する」
という形態のものしか「行列」とは表現しないことにしています。

で、新宿はどうかというと・・・東口にはゼロ。
西口は
041202_0117001.jpg
さくらや前には皆無。先頭はここだそうです。明日朝行く方はどうぞ。


041202_0142001.jpg

居た!西口ヨドバシゲーム館前に10名ほどの徹夜行列を確認!
クソ寒い中確認しに行った甲斐があるというもの。(写真は遠くからで見難くてスマン)


と、いうわけで任天堂DSはDQ8よりは多少はタガの外れた愛情の対象になっているようです。
僕もちょっとだけ寝て買いに行ってきます!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »