« 歯ブラシって奥が深い | トップページ | アキバ署!にびっくり »

"イリヤの空、UFOの夏" 秋山瑞人

なぜ今頃イリヤの空をとりあげるのか。
冲方丁 まだ見ぬ地平へ」という書評サイトを見つけて非常に納得してしまったから。

「イリヤの空、UFOの夏」とはジュブナイルSFである。もしくはライトノベルという言い方もある。とりあえず、今年の星雲賞ノミネート作品である。

「最近、いいSF読んでないな~」というあなたは恵まれている。最近完結したばかりのこのSFをはじめから読めるのだから。

1巻2巻3巻4巻の全4巻で完結です。Amazonの書評でもおおむね好評です。

著者インタビュー:秋山瑞人先生」も見つけました。3巻が出版された時期のインタビューですね。
読むと、舞台となる園原市のモデルとして山梨県が一部あると言っています。あー、確かに陸上自衛隊が身近にいて、陸自のトラックがバンバン走っているのが普通の感覚って、園原市と似てるなぁと思います。

あと、3巻前半のキャッチーな一節「鉄人定食」ですが、同じく山梨県にある「ぼんち」食堂がモデルだそうです。やっぱり…というのも、ウチも何度か突撃して玉砕しています。まさに巨大食品食堂なんです。
ネットでもよくこの食堂の評判を見かけます。なかでも、写真が多く見やすいのは下記のツーリングレポートです。下記ページで「ぼんち」を検索すれば、数々の巨大な食べ物を見ることができます。
http://www15.tok2.com/home/daiwai/food/

また、小説を元に自作してしまった強者もいます。
挑戦!鉄人定食!! その一
挑戦!鉄人定食!! そのニ
挑戦!鉄人定食!! その三

|

« 歯ブラシって奥が深い | トップページ | アキバ署!にびっくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5171/734887

この記事へのトラックバック一覧です: "イリヤの空、UFOの夏" 秋山瑞人:

« 歯ブラシって奥が深い | トップページ | アキバ署!にびっくり »